知ること

うつ病になってしまうとどのような症状が現れるか人によって違うので、接し方に気をつける必要があります。また、どのような症状なのかによって対処の方法も異なるので覚えておきましょう。

» 詳細を確認する

受け入れること

うつ病になってしまった人は基本的にどのような方法で接すると良いのか調べておく必要があります。また人によってうつ病を受け入れていない人もいるので、どうすると良いのか覚えておきましょう。

» 詳細を確認する

専念すること

うつ病になったときには患者に対して接し方に気を遣う必要があります。また、どのような治療になるのかわからない場合でも医師の支持に従って治療に専念できる環境を作ることが重要なのです。

» 詳細を確認する
Go to for treatment

費用について

うつ病になったときには、治療方法を知らえておくと良いでしょう。また医師との接し方によっては様々な情報を引き出すことができるので、費用をより安くするために様々な手段を用いる必要があります。

» 詳細を確認する

理解することで

うつ病には様々な種類がありますが、基本的には自分にとってどのような病気なのかしっかり理解することが重要なのです。また、どんな人でもうつ病にかかる危険性はあるので、油断しないようにすることが大切です。

» 詳細を確認する

元気づけない

励ましたり元気づけたりしない

最近よく聞くようになったのがうつ病です。仕事や家事のストレス等が原因で、精神的に負荷が掛かってしまったときに起こりやすいと言われています。もし身近にいる人がうつ病に掛かったとき、どんな風に対応したら良いのでしょうか。正しい接し方を調べてみました。 うつ病に掛かると、今まで出来ていた当たり前のことが出来なくなります。例えば仕事に行ったり、ご飯を食べたりお風呂に入ったりという行動が出来なくなるのです。普通の人なら出来て当然のことが出来ないので、患者は「自分は駄目な人間なんだ」と思いがちです。そんな人に対して「頑張って」等と励ますことだけはしないでください。「頑張らなくてもいい。今のままでいいんだよ」と声を掛け、そっと見守ってあげましょう。症状が改善するまで時間は掛かるかも知れませんが、このような優しい接し方をしてあげるだけでも、患者は気持ちがとても楽になるものです。

診察とは別にカウンセリングを行う病院も増えている

うつ病患者が増えたことに伴い、最近では心療内科の病院も年々増えています。一般的な心療内科の場合、内科的な検査と簡単な診察をしてくれる場合がほとんどですが、最近では時間を掛けてカウンセリングを行っている病院も増えているようです。カウンセリングは保険適用外のため自費となってしまいますが、心療内科の先生はうつ病患者への接し方がよく分かっていますし、話の引き出し方も上手いので、身近な人が話を聞いてあげるよりも効果的でしょう。また身近な人がうつ病になった場合、その周りの人も世話をしているうちにうつ病に掛かってしまうケースも多いので、出来れば患者以外の人もカウンセリングを受けると良いでしょう。患者への接し方も丁寧に教えてもらえますし、自分の心のケアもしてもらえるのでお勧めです。 病院のサービスを上手く利用して、うつ病と上手に付き合っていけるといいですね。

常に自分ではどうすることもできない葛藤を抱えている

よく、うつ病の患者さんとの接し方で頑張れなどの励ましの言葉は良くないと言われます。ではうつ病の患者さんにどのような接し方をし、どのような言葉をかければいいでしょうか。まず言葉をかけるよりも相手の話をじっくり聞くことが大切です。ただ黙って聞いてあげる接し方や、相手の主張を否定しないで受け止めてあげることが必要です。うつ病の患者さんはやる気が出ない事や体の不調に対して、自分でどうにもできない葛藤を抱えている場合が多く、体の不調を訴える場合もあります。頑張れと励まされてもどうすればいいのか分からないのです。もしうつ病の患者さんとの接し方で励ましの言葉をかけるなら、いまはそういう時期だからや、焦らなくても大丈夫だよなど、時間をかけてゆっくりと治療できるような言葉をかけてあげましょう。

接する側もストレスをためない努力を

家族や身近な人がうつ病を発症してしまった時に、接する家族にも大きなストレスがかかってきます。この人が病気になったのは自分の責任かもしれないなどと、自分を責めるのはやめましょう。最近はいい薬や治療法もありますので、時間はかかるものの治療が可能な病気です。周囲の協力を得ながら長い目でみて病気と向き合いましょう。こちらがよかれと思ったことでも、患者さんには負担になってしまうこともあるので、しっかり話を聞いたり、体調に合わせて様子を見ながら外出等も行いましょう。また季節や温度差などで急に体調が悪くなることもあるので、少し良くなったからと言って薬を飲むのをやめたり、通院をやめたりするのは良くないので、本人だけではなく、家族もきちんとお医者さんとコミニュケーションをとることも大切です。

うつ病のひとへの接し方

うつ病は、気分が長期的に落ち込む、悲観的、倦怠感、睡眠障害などといった症状がみられる病気です。うつ病は、心だけではなく、からだにも変調をきたします。この病気は、本人だけではなく、家族や周囲のひとにとっても深刻な問題です。 もし、自分の身近にうつ病のひとがいた場合、大切なのはその接し方です。うつ病をわずらうひとに、一番言ってはいけない言葉があります。それは、がんばれとか、しっかりなどと言った励ましです。これらの言葉は、本人を追いつめる危険性があります。また、責めたり、うつ病を解決しようとする、表面的な理解、といったこともいけません。 うつ病のひとへの接し方で、重要なのは、共感です。本人の話をよく聞いて、しっかり相手を理解することが大切なのです。