理解することで

うつの症状を理解しよう

うつ病になる人は、真面目で努力家な完璧主義という方が多いのです。 自分の身近な存在の人がうつ病になったという場合、どう接したらいいのかがわからないという人が大勢います。 気分が塞ぎ込んでしまう状態が続くうえに、日常生活に支障が出るほどのうつ症状に苦しんでいる姿は、うつ病になる前の状態とは違うために戸惑うという人も少なくはありません。 接し方にはいくつかのポイントがあります。 うつ病に悩まされている人の多くの人が、努力家で真面目に頑張ってきた人なのです。 頑張ってきた結果、脳が疲れた状態になっているのです。 完璧主義な人は、うつの症状で無気力になっている自分に自己嫌悪している場合が多いのです。 頑張れ等と励ますという接し方をすることは、すでに頑張っている相手に対する接し方としては、好ましくありません。 うつの症状を理解した上で、見守る姿勢が大切なのです。

うつ病の人が増加し続けています

うつ病に悩まされている人の数は、年々増加傾向にあります。 うつ病の人が増えてきている原因には、ストレスが多い現代社会で、真面目に頑張っているという人が多いことが考えられます。 ストレスは増えていくのに、弱音を吐けず、上手にストレス解消ができないという状態が続く事が、うつ病の原因なのではないのかと言われています。 症状を理解していない人のなかには、うつ状態で何もやる気になれないという人の事を怠け者だと誤解している人も多いのですが、これは大きな間違いです。 うつの症状でやる気になれないというだけの事であり、元々は努力家な人ばかりなのです。 一時的な症状によって苦しんでいる状態なので、うつ病で悩んでいる相手には、気持ちのこもった接し方をすることが大切です。