受け入れること

うつ病の方への接し方

うつ病の方への接し方として励ましてはいけないということは聞いた事があっても、それ以上の情報は知らないのが実情ではないでしょうか。 うつ病は誰でも起こりうる病気ですので、自分の家族や友人がかかる可能性もあります。間違った接し方をしないために、どうすればいいのでしょうか。 悩んだり苦しんでいる人を前にすると、何とかしてあげたいという気持ちから、ついアドバイスをしたり、励ましたりしがちですが、うつ病の方に対しては、その人の話を聞くことをまず心がけましょう。 また、うつ病が長期に渡ると、周囲の方も不安になったり、焦ったりすることもあります。治療は長期間に渡ることを受け入れ、感情的な接し方はしないようにしましょう。接し方一つでその後の状況も変わってきます。

受診の協力をしましょう

うつ病になると、気力も低下しますから、病院を受診するのも、周囲の協力が必要です。受診を勧めるだけでなく、無理なら連れて行ってあげましょう。 うつ病に対して、知識のある人はそう多くないので、精神科や治療に使われる薬への不安など誰しもあるものです。 また、精神科へ通っていると周りの人や、会社に知られたくない場合もあるでしょう。ですが、自然に治癒することが難しい場合もあり、受診しないことで症状を重くしてしまう可能性もあります。仕事が原因となるうつ病は労災にも認定されています。一人で悩まず早期に適切な治療を受けることが重要です。 自分の周りの人がうつ病かもしれない場合、うつ病は病気であることを理解し、まずは話を聞き、責めたり、すぐに解決しようとせず、精神科などの専門機関を受診できるように協力しましょう。